前へ
次へ

不動産の売買の仲介手数料について

不動産の売買を行う際には仲介手数料が必要になります。仲介手数料とは業者を通して物件の購入を行ったり売却を行ったりするときに、不動産会社に対して支払うお金となっています。このお金は成功報酬として扱われています。地域や業者によっては媒介手数料と呼ばれているところもあります。成功報酬として支払われるようになっているので、しっかりと契約が成立しなければこのお金は発生しないようになっています。取引の途中で成立しないと言うことになれば支払わなくてもいいお金なのです。また契約が無効や取り消しになったときにも宅建業者はこの報酬の受け取りを請求することはできません。このように仲介手数料に関しては宅建業法で決められています。

お住いに関する悩みごと
北斗建装でご相談受付中です

お住いのお悩み改築で解決いたします

外壁を新品同様に生まれ変わらせるお手伝い
中も外も塗装で新築同様に仕上げます

屋根の修復作業もお任せください
屋根補強工事×防水工事で住まいを守ります

足場のレンタルをワンストップでご提供

不動産取得税とは何か

家を購入するということは、高額なお金がかかるのは知ってのとうりですが、税金もかかるとご存知でしたでしょうか。不動産取得税とは、不動産を取得した時に一度だけかかる税です。不動産価格(購入価格や工事価格ではなく固定資産課台帳の価格)と税率を掛けた金額になります。取得してから60日以内に町村役場に届ける義務があり、取得申告書を提出します。その時に減税になる事もあります。土地は10万、家屋は23万となります。また、年度により減税額が違いますのでご注意ください。金額は土地の広さや建坪により異なります。広い土地に大きな家屋ですと、それだけたくさん払わなければならないのです。これは、中古住宅の購入も一緒です。相続で取得した場合は、自らの意志での購入ではないものなので不動産取得税はかかりません。その代わりに相続税はかかります。取得税の猶予という事もできますが、あらかじめの申告が必要です。上手に活用して、無理無く快適な暮らしをしたいですね。

Page Top